自作恋愛小説サイト

愛ラブYOU

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
麦わら帽子 ~第三話 母子家庭~
麦わら帽子 第三話
 
        作/POPSTAR イラスト/黒咲さん

 三輪良子は息子の伸幸(のぶゆき)を自分の力で育てていた。元旦那は何でも出来て優しい性格で安心できる存在だったのに、ある日好きな女性が出来たと言われ別れを告げられた。結婚したと同時に子供が誕生して5年目のことだった。別れの原因は自分にあったことを否定できなかった。人の運命って望まない苦悩を強いられたり、思ったようにはいかないのだと良子は身に染みて体験した。
 別れは自分が恋愛依存症である事に融通していた。生まれてまもなく親に捨てられ、受けるべき愛情を得ていないことが一番の理由だと思う。施設でも他の子供同様、公正な愛情を受けたはずなのに人一倍嫉妬心が強く孤立していた。依存症とは、相手に委ね、支えてもらわないと安心できないという感情が起きる状態を言う。それは相手とっては常に愛情を要求され、犠牲を受けることになる。けど、その相手はその人の為に時間を使ってあげられないのが通常である。夫婦になって相手が他人だと悟るほど良子は辛くなった。当然相手の理解がないと亀裂が入る。それを目の当たりにした。
「私と仕事、どっちが大切なの!」
 と、良子は蒼然と言った。愛が優先し、のめり込む生活に、仕事を持つ彼には耐え切れなかったのだろう。良子は頼れる彼を永遠に期待していたのにと思う。
 彼をものにするまでは必死だった。しかし付き合いが進行すると、相手に頼ることから回避できなくなっていった。好きな人が出来たと聞いたが彼は浮気していた訳ではないと語った。彼の心意に理解したからこそ良子も別れを承認した。そして良子はひたすら息子、伸幸に愛情を与えた。すると不思議と良子は自立していった。伸幸もいい子に育っていった。

 良子は幼い頃、施設でピアノを習っていた。園長の弾くピアノに興味を示したことで、直々教わったのだ。離婚をしてからはその才能を糧に、パートと掛け持ちでピアノ教室を開いた。防音工事を施して中古のアップライトピアノを購入した。生徒はなかなか集まらなかった。そこで同じ施設で育った健司(けんじ)に相談をした。彼とは兄妹な様なもので、男女の関係にはならず親交があった。「健ちゃん」「良ちゃん」と呼び合う仲だ。その健司の計らいで生徒が集まった。それでも現実は厳しく、生活には余裕がなかった。

 伸幸はおとなしく女々しいとこもある。しかし母が伝授するピアノを素直に受け入れとても優しい子だった。伸幸自身、母親が好きだった。母の前向きに「頑張らなくちゃ!」と言い続ける言葉に重みを感じていた。そしてひと際愛情を注いでくれた。どうして父はこの母を捨てたのか?子供の時分には当然解からず理解しがたい。ただ母が、「私に原因があったのよ。自分は生まれ変わったの」という抽象的なセリフを漠然と聞かされていた。

「伸くん、海外旅行いこうか?」
 良子は激安ツアーの広告を息子に見せながら言った。それは伸幸が中学に上がる時だった。旅と言う旅さえしていなかった良子は、息子の為に思い出を作りたかった。いや、「思い出」じゃなく永遠に続く「歴史」だろうか。何故なら、良子にとって未知の恋愛よりも息子と居ることが生きがいになっていたからだ。それを守ることが自立を促し、トラウマをも改善していく特効薬であった。
 その旅先はオーストラリアであった。激安とは言え5桁の額である。幸い伸幸の方は、中学生になる月を跨いだが子供料金で行く事が出来た。シドニーから首都キャンベラを経て、西の都市パースまでの行程であった。南半球のオーストラリア南部は地中海性気候で、夏から秋にあるとこであった。最もこの気候の特性上、夏は乾燥し冬の寒さも厳しくはない。住み心地の良い土地かも知れない。訪れた時期は日本では春であるが、オセアニアでは夏から秋になる頃だ。
 何故オーストラリアを旅行先に選んだかは、幼馴染と言えよう健司が現地を旅して推奨していたからだったった。良子が健司と二人きりで旅したのは、施設を出てから連れてって貰った湘南の海だった。そのありきたりな場所で色んなことを語り合った。浜辺にはサーファーの姿が見受けられたが、二人の視線には入っていなく話に夢中になっていた。良子から見て、互いの関係が発展しキスがあるのかと期待をもしたが、この時も二人には兄妹としての感覚を消すことが出来なかった。そして互いに恋人が出来てからもこの浜辺で再会した。このとき健司が別れ際に言った言葉が淋しく思えた。
「幸せになれよ」
 良子はそのあたり前の言葉を胸に刻み付け、元旦那との結婚を決めた。それを見届けたかの様に彼の方も結婚していった。

「母さん、ピアニストになればいいじゃん」
 帰りの飛行機で健司がぽつりと言った。
 シドニーから始まったツアーも最終日、パースのレストランで聞かされたカルテット演奏。親子はひと際ピアノに注目していた。その演奏力は桁違いではあったが、良子にとって華やかな世界に憧れがないこともない。その時の心境を思い出した。そして言った。
「お母さん人前苦手だし・・・伸くんが叶えてくれたらいいな」
と、冗談っぽく笑って誤魔化した。
「うん、ぼくピアニストになる!音楽家になりたい!」
 女々しくておとなしい健司が、初めてはっきりとした口調で言った。そう言ったものの母の腕に縋り付いて眠る健司はまだ子供の様だ。

 良子は健司の頭を撫でながら機上の空を眺めていた。親離れしなくてもいいのよ。心の底ではいつか自立していくのだろうと思う心境は複雑だった。

スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

| 恋愛小説 | 14:03 | トラックバック:0コメント:7
| ホーム |

プロフィール

POPSTAR

Author:POPSTAR
HN: POPSTAR
東京都出身、横浜市在住
趣味:写真撮影、音楽制作、作家活動、野球、ドライブ、飲み会(笑)ほか多数・・・
『愛ラブYOU』では短編小説を中心にアップしてます。感想などお待ちしてます!!
下のリンク欄にあるプロフもどうぞ。

*また、当ブログ及びリンクされてるサイトの文章・画像の無断転載・使用は厳禁とします。



最近の記事
コメントありがとうございます!
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマーク検索
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。