自作恋愛小説サイト

愛ラブYOU

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
春のS.L.S.② 部屋とTシャツと私~ナインティーンガールの片想い
(序 章)
 とある漁港の町で、民宿を営む家庭に私は生まれ育ったの。食卓に並ぶ料理と言えば必ずと言っていいほど魚があってね。そして裏庭で育った野菜と、母が知人より仕入れてくるお茶。県の名産品がお茶だから、近くの台地まで走ると一面お茶畑が広がっているんです。一年前に高校を卒業した私は就職するも挫折して、町の食堂でアルバイトをしながら家業の民宿を手伝うことに決めました。そんな私の性格は、男まさりでさっぱりしていると皆は言います。それはもう、男女問わず友達からは子と呼び捨てだし、服装だってジーンズオンリー。夏ならTシャツ一枚、寒くなればその上にオーバーを羽織るくらいだもの。

(本 編)
この話は、私が19歳の頃のお話です。ちょっぴり片想いしました。その人は私よりも沢山の人生を生きてきた人です。

 新年を迎えてから我が民宿にその人は現れました。私がバイトに出ている時間帯です。二階にある部屋を見てから、「ここに三ヶ月程滞在したい」と言ったらしいの。はじめ、単身赴任とか出稼ぎだろうと両親と話していたんですが、一向に部屋から出てこなかったりで。それでも、最初に三ヶ月分の料金を一括払いしてくれたことで怪しい感じもしてなくて、私ともすれ違う度に笑顔で挨拶してくれる感じのいい人だったのです。名前は浅香さん!その浅香さんは食事中、「これでも人見知りの性格なんですよ」と自分で話し出してから、年齢の近い父の晩酌相手にもなっていました。そこでわかった事は、25年連れ添った奥さんと別れ、息子さん、娘さんとも別れ、行き場を失ったという話。理由は奥さんに新しい男ができたみたいで。たぶん人の良さそうな彼が出て行く立場を選んだのでしょう。仕事は?というとTVの放送作家。今やワイヤレスでデーターを飛ばす事で仕事が成り立つみたいです。年頃の私にちょっと興味があるのが芸能界だったので、例え小さな番組でも担当していると聞けばミーハーになってしまいます。

 私には二つ下の弟がいまして、高校では野球やってました。私がバイトから戻った昼下がり、浅香さんと弟が、民宿から見える海辺でキャッチボールをしている姿を目にしました。私はスクーターを置いてから、テトラポットのある防波堤に腰掛け、二人の楽しそうな光景を見ていました。浅香さんの少し伸びた髪が、さらりと風になびいていて爽やかでした。彼がうちに来てからもうひと月が過ぎていたのね。暑くなった浅香さん。脱いだ上着の下はTシャツでした。ネックレスがきらりと光ってた。私と似た様な若い格好!? そして浅香さんは、少年のような目で私を見たんです。弟は気を利かせてグローブを私に投げると、「あとはよろしく!」と、その場から去って行きました。誰も、私が彼の事を好きだなんて言っていないのにね。。。
「お姉さん、行くよ!」
そう言って、浅香さんは持っていたボールを軽く私に投げるフリをしたんだ。慌ててグローブを着けた私は彼のボールを受けました。何度か交わしているうちに楽しくなって思い切り投げていました。
「ナイスボール!!」
浅香さんは言うけど、それってストライクじゃなく‘ボール’って意味!? 彼の投げるボールは全てストライクなのに、私の投げるボールは時折とんでもない方向に逸れちゃうし。私は息が上がり、彼と同じくTシャツになっていました。
「野球やってたんですか?」
「ああ。ずっと昔にね」
それから防波堤に座って、聞きたかった仕事の話や他愛ないことなどなど、しばし語り合ったんだ。近くで見る彼の黒い髪の合間には白髪が混じっていて。そして早の南風は、二人の為に吹いているかの様に思えた。
「汗かいたから風呂でも入らせて貰おうかな」
そう言って浅香さんは歩き出したの。もっともっと彼と話していたかったのに。その時、裏庭から父が見ているのに私は気付きました。もしかして浅香さんは、それを気にして戻るのでしょうか?

 予想は的中?!父は私の部屋に来て、「浅香さんには近付くな」と忠告したけど、温厚な父がそんな事を言うなんてね、信じられないよ。私は反発しても仕方ないと思って、ひと言「わかった」って返事を返しました。そして絶対彼の部屋に近付くなとも言われたし。それって仕事にならないじゃん。もっぱら滞在という形でしたので、一般客の様に布団を敷きに行ったり、部屋の掃除など出入りは無かったのですが。

 その晩、父が避けたのか浅香さんとの晩酌はありませんでした。私は悲しかったよ。そもそも私はこんな性格だから警戒などせず自分から行動を起こすタイプでもあるし、いざとなってもアクシデントを切り抜ける自信があるよ。それにその時は分からなかったけど、浅香さんに恋心が芽生えていたの。返って、彼に対して色気ない子供相手じゃ迷惑なのではないか?とか思ったり・・・。
この日は他の客も無く私は非番でした。そのとき二階に上がる浅香さんの後ろ姿を見つけました。私は一足遅れ、キシキシと音のする階段を忍び足で上がって行くと部屋に入る彼に声を掛けてみました。
「こんばんは」
「夜は冷え込むね」
「ごめんなさいボロイとこで。それから、私のせいで・・・」
「私のせい?」
自分が思っている事を手短に話したの。浅香さんは言いました。
「それはないよ。お父さんから、週末あたり釣りに行こうって約束してるし」
「それならよかった。でも、こうして話していることは内緒にしておいて下さい」
彼は肯いてから、「部屋に入ってみる?」と私を誘ったの。その部屋は角部屋で、私が家族と離れに住む前に弟と過ごした子供部屋だったんだけど。ちゃぶ台には、ウインドウの開かれたノートパソコンが仲良く二台並んでいて、パソコンに詳しくない私でもそれらが同じ機種だと分かったし。ひとつはスペア兼ワープロ用で、もうひとつはネット専用で、メールを受けたり調べ物ができるそうです。そして浅香さんは今日宅急便で届いたという包みを破いていました。そこからは印刷された台本が出てきました。
「僕の書いてる番組なんだ。残念ながら西日本のローカル番組だからここでは流れないけどね。こっちのパソコンで録ってあるから見てみるかな!?」
再生されたのは真面目な教育番組でした。それもフランス語講座。がっかりなんてしなかった。部屋の隅に無造作に積まれた本はフランスの書房で、彼は大学でフランス語を教えていた元助教授だと聞いたから。
「バカな私にはさっぱり解らないけど」
と、ページを捲りながら私は言っちゃった。それでも彼は笑って言いました。
「僕はフランスで育ったから話せるのは当然だよ」
「へぇ~」
「君にはつまらない話だろ?」
「そんなことないです」
確かにつまらないかも知れないけどそんな事は言えないよ。けど、自分にはないインテリな部分に大人を感じましたわ。
子さんて言ったね?いい名前付けて貰ったね」
「いいのかなぁ~?私は今時の名前の方が良かったよ」
浅香さんが私の名前を呼んでくれたのはこれが最初で最後でした。何故なら、彼と話したのがこの時が最後だったから。

 翌日、私が食堂へバイトに出ている間に二階の部屋から出ていった彼の事など知る由もありません。帰宅してそれを知った時、今までに無いくらいの猛烈な勢いで、心の中に‘寂しいという風’が吹いたのです。彼が去ったその部屋で私は泣いていました。この気持ちが彼に届くなんて思わないけど涙が溢れて来たのです。それから自分の部屋に塞ぎこんでいると母が来てお茶を置いていったのですが。その時思った事は、娘の気持ちが解るのは母親なんだと・・・。

 あれから何年か経ち、私に恋人ができました。彼は海の男(漁師)です。先日、母と女同士の話をしました。父が、母とあの時滞在していた浅香さんとのことを疑い、「出て行ってくれ」と告げたんだと言う話にはたまげたけど。そもそも母は楽しく会話をしていただけだと言っていたしね。それ自体が父には耐えられなかったのでしょうね。初老の母は照れながら言ったの。
「お父さん、私一筋だからね」
と。それを聞いた私は、いつもの明るい口調で言いました。
「私もそんな風に愛されたい!」
「あんたの彼氏、無口で昔のお父さんに似てるかも知れないね」
「それ、ほんと??」
私は続けて言いました。
「じゃあ彼の傍で他の男の子と話してみようかな」

(終 章)
 密かに弟から奪ったあの日のボールを引き出しから取り出し、暫く私はそれを眺めていました。もうふらりと私の前に現れないでね。思い出のボールをポケットに入れると、桜の散る海辺に出ました。
「お姉さん、行くよ!」
あの日の浅香さんのセリフを真似ながら、ボールを海に向かって遠く、それは地平線の彼方まで届く様に思いっきり投げました。もし三月まで浅香さんと居たのなら、私は彼に本気になって告白していたのかも知れないね。だけどこれで良かったんだよね。だって、今は大好きな彼がいるんだもん。

浅香さんとの想い出は、思い出となって、この先忘れ去られていくのかしら?それでも浅香さんと交わしたキャッチボールだけは忘れたくないよ。

 -完-
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

| 恋愛小説 | 14:34 | コメント:0
春のS.L.S.① ENDLESS LOVE ~Because, I have loved you.
 小日和の二月である。俺は近所のスタンドで灯油を買って、一人暮らしの部屋に戻る。キーを差込み無意識に左に廻す。感触がないから右に廻してみる。あれっ?開かない・・・今度は左に廻す。開いた。ドアを開けると赤いシューズがあった。
「ヨリ、おかえり!」
彼女のミカだった。ヨリとは、ミカが呼ぶ俺のあだ名だった。最近、ミカにスペアキーを渡したのだ。
「あっ、お前だったのか。鍵はちゃんと閉めとけって言ったろ?」
「ごめんなさい」
ミカはシュンとしてしまった。俺が口うるさいのは戸締りのことくらいだろう。田舎とは違い都会では鍵ひとつ命取りとなる。いつしか、ずぼらな俺が完璧主義のミカに合ってしまったのだ。そんなミカにも抜けた所はあるものだ。
「今日は記念日だからケーキ買って来たの」
「25日だね、給料日と同じだ」
「ミカの給料日は5日だよ!?」
そう言ってミカは笑った。重みのない会話だけど、いつまでも変わらぬ仲の良い二人である。
「ピアノの発表会には来てくれる?本当は緊張しちゃうから呼びたくないんだよ!?」
「行くよ」
「本当に??じゃあ、お友達にもあって貰えるね!」
女の子は男を好きになると有頂天になるものだ。俺の場合どうなんだろう?恋人になってから重たいものが芽生えてきた。理由(わけ)はあとで話すことにしたい。とは言え、正直嬉しい。俺は、そんな感情を押さえている。おそらく仕事や私情で辛いことがあっても、決してその場では言わないたちだし、プライベートでもそんなことを話してミカを悲しませたくないし。彼女もまた、こうして同じ心境で逢っているであろう。
実はミカに隠していることがあった。それは、女性も好きだけど、男性の方が好きということ。男らしい俺なのにどうしてだろう?自分でも解らない。だからいずれ、そんなヨリじゃ私は嫌だ!と言って涙を見せて俺の目の前から去ってしまうかも知れない。こんなにも好きになってくれているのに、相手に辛い思いをさせてしまうかも知れない。ミカの愛情が過ぎる程、俺の中では何かを庇うようになっていった。

 ケーキは美味しかった。最近買ってくるケーキ屋さんが彼女のお気に入りらしい。俺は言った。
「話していた映画でも観るか?」
「うん!その前に片付けちゃうから待ってて!」
そう言うと、完璧なミカは食べ終わった皿と、飲み終えたグラスを洗い始めた。窓からの斜光が眩しい二月の日差しは、まるでの様に暖かく、長閑な休日の時のしじまを映し出す。俺は録画したブルーのディスクを取り出し、DVDプレイヤーにセットした。クリーム色のソファーは、二人でホームセンターへ行った時に二人で選んだものだった。ミカが俺の横に座る。彼女はきちんと座って、じっと画面を見つめていた。付き合って三ヶ月が過ぎた。友達の関係から数えると半年である。

 映画を観たあとミカは言った。
「ヨリがこんな私と付き合ってくれて信じられないよ」
アクション映画を観たあとの言葉ではなかった。俺の頭の中では、身のこなしの凄い主人公の余韻でいっぱいであった。
「どうした?急に」
「うん、私自信ないから・・・それに」
「それに?」
「私って魅了ないよね?」
俺はミカと友達になって、食事や映画を観たりと、ちょっとしたデートをするようになった。恋人になってからも手を繋いで歩くなどしていない。好きなのに、触れたいとか思わないのだ。
「ミカはどうして俺と付き合いたいと思ったんだい?」
「ヨリは逞しくて優しくて、いい男だもん。私なんて見た通り太ってるし可愛くなんかない・・・だから」
「十分可愛いよ。俺がいいって言うんだからいいじゃん!」
「ありがとう。可愛くないこと言ってごめん」
この時初めて俺の中で、ミカに触れたいと思った。いやっ、好きだということを態度で示したいと思った。ミカの心の中にあるであろうハーレクイーンのような恋心を受け止めてあげたい。
「ミカ?キスしたことある?」
俺はマジになって話した。横に居た彼女は、驚いたかの様に俺を見た。
「ない」
「そうか」
「・・・」
「実は俺もないんだ」
「冗談でしょ!?」
「だって俺、男の方が好きなんだもん。それでも今まで片想いしかないんだけどな」
言葉を失ったかのようにミカは俯いた。

 しばし沈黙の後、ミカは言った。怒るのかと思ったら、違かった。
「その気持ち私には解らないけど、きっと辛いよね?・・・私なんかといちゃ」
「俺はミカの方が辛いと思う」
それを聞いたミカは、強気な瞳で俺を見た。そして言った。
「抱き締めてくれるだけでもいい。そしたら私はヨリと居たいよ!?・・・もう私はあなたのこと愛してしまったから」
「俺もお前とは離れたくないよ。理由は同じ」
「ね、触れてもいい?」
俺が肯くとミカは自分の手を差し出し、俺もその手に触れてみた。そして手のひらを合わせてみた。ミカの手は柔らかくて温かかった。
「男の人の手って大きいんだね」
ミカは嬉しそうに言うと、俺は言い返した。
「きっとミカが小さすぎるだけだよ」
ミカの手は本当に小さかった。
「こんな俺だけど、これからもヨロシク!」
喧嘩をしたり、わだかまりを解消したあとって、何故だか相手を守りたくなったり広い心になったりするものだ。それは恋愛している証拠だと俺は思う。その時がミカとの恋愛の始まりであり、本物の恋人関係になれたんだと実感した。

-完-

********************************************
実質一時間で書けちゃうショートラブストーリー(S.L.S.)。秋に続いての登場です。今回はという季語を含んだ内容でお届けします。
次回もお楽しみに・・・

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

| 恋愛小説 | 23:39 | コメント:2
| ホーム |

プロフィール

POPSTAR

Author:POPSTAR
HN: POPSTAR
東京都出身、横浜市在住
趣味:写真撮影、音楽制作、作家活動、野球、ドライブ、飲み会(笑)ほか多数・・・
『愛ラブYOU』では短編小説を中心にアップしてます。感想などお待ちしてます!!
下のリンク欄にあるプロフもどうぞ。

*また、当ブログ及びリンクされてるサイトの文章・画像の無断転載・使用は厳禁とします。



最近の記事
コメントありがとうございます!
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマーク検索
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。